平成20年度(2008年度)

tsuda.jpg
津田 豊史(つだ とよし)
<高校時代> 平成20年度主将、60kg級
<進路> 青山学院大学
<一言>
八幡ジュニア出身。2オン1からの攻撃、両脚タックルを得意とした。
人の顔を伺いながら力を出す気分屋だったが、高校1年の夏から練習取組みが変貌。急速に力をつけた。
3年時には主将を務め、部員達をよく引っ張った。



koutaro.jpg
田中 幸太郎(たなか こうたろう)
<高校時代> 55kg級、60kg級
<進路> 早稲田大学
<一言>
八幡ジュニア出身。細身で手足の長さを生かしたローシングルが最大の武器。
2年時には、選抜・JOC・インターハイ・国体の四冠を達成。3年時は怪我で泣いた。
真面目でコツコツ練習する姿は、みんなの良い手本となった。



harako.JPG
原子 紫文(はらこ しもん)
<高校時代> 84kg級
<進路> 中京学院大学
<一言>
八幡ジュニア出身。とても動きが柔らかく、ハイクラッチ、片脚タックルを得意とした。
また、クリンチの攻防、グラウンドにも強い選手だった。



yuki.JPG
山本 勇気(やまもと ゆうき)
<高校時代> 55kg級
<進路> 就職
<一言>
寝屋川教室~枚方一中出身。
個人では結果を残せなかったが、団体で大活躍してくれた選手。
何でもこなせる器用な選手。その中でも2オン1、片脚タックルを得意とした。



yamagen.JPG
山元 一憲(やまもと かずのり)
<高校時代> 66kg級
<進路> 就職
<一言>
高槻教室~高槻・阿武野中出身。
毎日、朝早く、高槻から通学。3年間、一度も休んだことのない努力家。
結果は残せなかったが、練習態度や掃除・挨拶など、人間的に素晴らしい選手。