監督

IMG_1125.jpg浅井 努(あさい つとむ)

昭和44年岐阜県生まれ。岐阜工高から日体大へ。
日体大卒業と同時に保健体育科の教諭として京都府に採用され平成4年4月京都へ。
平成9年3月までの5年間、(財)京都府体育協会職員として勤務。
同年4月に八幡高校(現:京都八幡高)へ赴任した。
その後、平成10年4月に京都八幡高校レスリング部を創部。
翌11年4月に京都八幡ジュニアレスリングクラブを設立。
主な指導実績は、平成15年度第20回全国少年大会・団体優勝。
平成19年度第51回全国高校選抜大会・団体初出場初優勝。
平成26年度第58回全国高校選抜大会・団体優勝(7年ぶり2度目)
平成20年度埼玉インターハイ・団体初出場3位。
インターハイ・国体・全国選抜チャンピオンを4名輩出など。

浅井 努に関わる新聞記事

1.平成14年(2002年)9月26日 京都新聞 監督・浅井 努:五輪選手の輩出が目標LinkIcon
2.平成15年(2003年)7月7日 読売新聞 監督・浅井 努:レスリング五輪選手育てたいLinkIcon
3.平成17年(2005年)2月23日 朝日新聞 監督・浅井 努:子どもたちは宝LinkIcon
4.平成19年(2007年)11月5日 産経新聞 関西笑談①:教え子1期生が「高校三冠」LinkIcon
5.平成19年(2007年)11月6日 産経新聞 関西笑談②:ロス五輪見て柔道から転向LinkIcon
6.平成19年(2007年)11月7日 産経新聞 関西笑談③:失敗しても次を考えるLinkIcon
7.平成19年(2007年)11月8日 産経新聞 関西笑談④:よきライバルだった藤田和之LinkIcon
8.平成19年(2007年)11月9日 産経新聞 関西笑談⑤:ゼロから部活動「やるぞ!」LinkIcon
9.平成19年(2007年)11月10日 産経新聞 関西笑談⑥:地元で「金の卵」小学生発掘LinkIcon
10.平成19年(2007年)11月12日 産経新聞 関西笑談⑦:厳しいだけじゃ、あかんLinkIcon
11.平成19年(2007年)11月13日 産経新聞 関西笑談⑧:指導も自分流が一番や!LinkIcon
12.平成19年(2007年)11月14日 産経新聞 関西笑談⑨:地域のみんなで楽しむ競技にLinkIcon
13.平成19年(2007年)11月15日 産経新聞 関西笑談⑩:障害ある子も体動かす場をLinkIcon
14.平成19年(2007年)11月16日 産経新聞 関西笑談⑪:スポーツ一家、楽しく汗LinkIcon
15.平成19年(2007年)11月17日 産経新聞 関西笑談⑫:何もなくても強くできるんじゃLinkIcon
16.平成20年(2008年)4月16日 京都新聞 全国選抜大会:指導10年 新しい風吹き込めたLinkIcon
17.平成21年(2009年)5月16日 京都新聞 浅井 努:子どもの自立手助けLinkIcon
18.平成22年(2010年)2月3日 京都新聞 浅井 努:ジュニア育成に力 曲折の末の信念LinkIcon
19.平成22年(2010年)2月3日 京都新聞 浅井 努:「情熱ハートストーリーズ」土壌ないから「一から育てる」LinkIcon

コーチ

DSC00652.jpg田中 亜里沙(たなか ありさ)

平成4年京都府生まれ。京都八幡Jr.〜八幡市立男山第三中学校〜埼玉栄高〜早稲田大へ。
小学4年生から中学3年生まで京都八幡ジュニアに所属。その後、埼玉栄〜早稲田大学へ。
早大卒業後の平成27年4月、保健体育科の教諭として京都府に採用され、京都八幡高校へ赴任した。
京都八幡高校レスリング部コーチであり、京都八幡ジュニアレスリングクラブの代表を務める。

顧問

IMG_0402.jpg山下 義顕(やました よしあき)

平成26年4月、顧問に就任。
専門はラクビーで、立命館宇治〜立命館大学でラグビー部に所属した。
顧問として、各大会での選手引率、レスリング部の運営や選手の学習指導など、
レスリング部を支えていただいている。