HOME > 歩み > ボランティア・スピリット賞(ダウン症児者レスリング教室):平成21年(2009年)12月

ボランティア・スピリット賞(ダウン症児者レスリング教室):平成21年(2009年)12月

borantia.JPG ボランティア・スピリット賞とは、プルデンシャル生命とジブラルタ生命という二つの外資系の保険会社が、青少年のボランティア、特に中・高生のボランティアを応援するために毎年行っている表彰です。 
 平成21年度の第13回ボランティア・スピリット賞に、我が京都府立京都八幡高等学校レスリング部が「関西ブロックのコミュニティ賞」を受賞。12月に大阪で開催された全国表彰式に、主将の北村公平(3年)が代表して受賞しました。
 京都八幡高校レスリング部は、ボランティア活動の一環として、毎月1~2回、ダウン症児者を対象にした「わくわく楽しいレスリング教室」を開講しています。高校生とジュニアクラブの中学生が、毎回、ダウン症児者の子供たちにレスリングを教え交流しています。この活動が認められ、今回の受賞に至りました。
 プロ野球やプロサッカーなどの人気スポーツでは、シーズン終了後、チャリティーとして催しを実施し、そこでの収益を世界各地で内戦や戦争、テロや震災で助けを求めている子供たちのために寄附しているニュースや記事をよく見ます。
 これとは内容、規模など違いますが、レスラーも違った形で人のために尽くせますし、人のために尽くさなくてはならないと思います。考えれば人のためにできることはたくさんあります。今後もできる限り、教室継続していき、少しでも社会貢献できればと考えています。

ダウン症児者レスリング教室・写真集

記念撮影1.JPG
記念撮影2.JPG
浅井3.JPG
浅井2.JPG
浅井指導2.JPG
浅井指導4.JPG
片足タックル.jpg
両脚タックル.jpg
レスリング 003.JPG
レスリング 005.JPG
レスリング 009.jpg
レスリング 020.JPG
レスリング 012.JPG
レスリング 014.JPG
レスリング 015.JPG
レスリング 022.JPG
レスリング 029.JPG
レスリング 034.JPG
レスリング 035.JPG
レスリング 045.JPG
レスリング 048.JPG
レスリング 050.JPG
レスリング 043.JPG
レスリング 044.JPG

ダウン症児者レスリング教室に関わる新聞記事

1.平成18年(2006年)10月5日 読売新聞 ダウン症児者教室:ダウン症患者らにレスリング教室LinkIcon
2.平成18年(2006年)10月23日 京都新聞 ダウン症児者教室:ダウン症の子ら楽しもうLinkIcon
3.平成18年(2006年)10月29日 朝日新聞 ダウン症児者教室:自立へのタックルLinkIcon
4.平成18年(2006年)10月29日 読売新聞 ダウン症児者教室:ダウン症児がレスリングLinkIcon
5.平成18年(2006年)11月21日 産経新聞 ダウン症児者教室:ダウン症の子らとレスリングで交流LinkIcon
5.平成19年(2007年)8月26日 毎日新聞 ダウン症児者教室:練習で表情生き生きLinkIcon
7.平成19年(2007年)9月11日 岐阜新聞 ダウン症児者教室:ダウン症の子ら懸命LinkIcon
8.平成21年(2009年)5月10日 京都新聞 ダウン症児者教室:レスリング 汗さわやかLinkIcon
9.平成21年(2009年)5月16日 京都新聞 浅井 努:子どもの自立手助けLinkIcon
10.平成24年(2012年)2月7日 京都新聞 ダウン症児者教室:障害者レスリング熱LinkIcon
11.平成24年(2012年)2月12日 読売新聞 ダウン症児者教室:障害に負けるな レスリング大会LinkIcon
12.平成24年(2012年)2月25日 産経新聞 ダウン症児者教室:障害者レスリング大会 関西で初開催LinkIcon
13.平成25年(2013年)2月17日 京都新聞 ダウン症児者教室:障害者タックル素早くLinkIcon
14.平成25年(2013年)2月17日 読売新聞 ダウン症児者教室:レスリング 障害者が熱戦LinkIcon