シングレット・チームジャージの歴史

シングレット

<平成20年1月~現在>

red1.jpgburu1.jpg 現在のシングレットは2代目。平成20年1月にモデルチェンジ。アシックス製。
 レッドは統合前の旧八幡高校時代のスクールカラーであったエンジ。
 ブルーは現在の京都八幡高校のスクールカラーである紫紺をイメージしている。
 スクールカラーが目立つようシンプルに仕上げた。
 前後は漢字で「京都八幡」と入れている。
 <撮影モデル:田中幸太郎(平成21年3月卒業)>

<創部~平成19年12月>

red2.jpgburu2.jpg 初代のシングレットは、創部後、初めて京都府予選に出場した平成13年にできたもの。
 アシックス製。平成19年11月の京都府新人戦まで使用した。
 前後はローマ字で「KYOTO YAWATA」と入れていた。
 <撮影モデル:田中幸太郎(平成21年3月卒業)>

チームジャージ

<平成20年4月~現在>

jya-ji1.jpgjya-ji2.jpg 現在のチームジャージは2代目。
 平成20年4月にモデルチェンジ。アディダス製のオーダー。
 20年度主将の津田豊史と田中幸太郎がデザイン・配色など決めた。
 以前のブラックから明るいブルー系に変更。
 上下にローマ字で「KYOTO YAWATA」と入れている。
 <撮影モデル:田中幸太郎(平成21年3月卒業)>

<創部~平成20年3月>

jya-ji3.jpgjya-ji4.jpg 初代のチームジャージはナイキ製のオーダー。
 平成20年3月の全国高校選抜大会まで使用した。
 上下に猫のシンボルマークを入れている。
 <撮影モデル:田中幸太郎(平成21年3月卒業)>