平成20年度(2008年度)

※JOCで北村公平(2年)優勝。アジアカデット(ウズベキスタン)出場権獲得。
 田中幸太郎(3年)ジュニアの部2位。アジアジュニア(カタール)出場権獲得。
※近畿選手権大会で団体初優勝。
※アジアジュニア(カタール)で田中幸太郎(3年)3位決定戦でモンゴル選手を破り見事3位入賞。
※全国少年大会で根本 怜(京教大附桃山小5年)2位入賞。
※埼玉インターハイで団体初出場3位入賞。
 個人は北村公平(2年)優勝。田中幸太郎(3年)は昨年に続き連覇を狙ったが、決勝で惜しくも敗れ2位。
※全国高校グレコ大会で北村公平(2年)優勝。津田豊史(3年)3位入賞。
※毎日放送「ちちんぷいぷい」に出演。「たむけん」こと田村憲司さん来校。
※大分国体で北村公平(2年)優勝。
 2年生で選抜・JOC・インターハイ・全国グレコ・国体の五冠達成。
※天皇杯全日本選手権大会に北村公平(2年)初出場でベスト8
※全国高校選抜で北村公平(2年)優勝。2連覇を達成。池田 智(1年)3位入賞。

幸太郎・表彰2.JPGアジアジュニア表彰式・田中幸太郎(平成20年4月)■池田 智、山本翔輝、山原健太が入部。
(平成20年4月)■ジュニアクラブ(中学生)浅井 翼が入部。
(平成20年4月)■JOCジュニアオリンピックのカデット・フリー76㎏級において、
         北村公平(2年)が優勝。
         7月に開催されるアジア・カデット(ウズベキスタン・タシケント)出場決定。
         ジュニア・フリー60㎏級の田中幸太郎(3年)が、
         大学生を破って決勝まで進出したが惜しくも敗れ2位。
         7月に開催されるアジア・ジュニア(カタール・ドーハ)出場決定。
(平成20年5月)■第51回全国高校選抜大会の初出場初優勝祝賀会がルビノ京都堀川にて、
         多数の御来賓参加のもと盛大に開催。
(平成20年5月)■田中幸太郎(3年)全日本高校選抜の中国遠征に参加。
(平成20年5月)■京都府高校総体において団体優勝、個人も5階級を制する。
集合.jpg埼玉インターハイ団体(平成20年6月)■インターハイ京都府予選において団体初優勝。埼玉インターハイ出場決定。
         個人も田中幸太郎(3年)、北村公平(2年)、原子紫文(3年)の3選手が優勝し、
         団体とともに8月に埼玉で開催されるインターハイに出場決定。
(平成20年6月)■近畿高校選手権(奈良)において団体初優勝。
         個人もフリー60㎏級・田中幸太郎(3年)、フリー74㎏級・北村公平(2年)
         フリー84㎏級・原子紫文(3年)が優勝し3階級を制する。
(平成20年6月)■京都八幡高校レスリング部が(財)京都府体育協会表彰の優秀団体賞を受賞。
         田中幸太郎が(財)京都府体育協会表彰の優秀選手賞を受賞。
(平成20年7月)■カタール・ドーハで開催された2008年アジア・ジュニア選手権で、
         田中幸太郎(3年)がフリー60㎏級で3位入賞。
(平成20年7月)■国体京都府予選において、田中幸太郎(3年)、北村公平(2年)、
         原子紫文(3年)の3選手が優勝。9月末に開催される大分国体に出場決定。
(平成20年7月)■全国少年大会(東京・駒沢)において根本 怜(京都教育大附属桃山小6年)が2位入賞。
IMG_0927.JPG埼玉インターハイ優勝・北村公平(平成20年8月)■埼玉インターハイの団体戦において初出場3位。
         春の高校選抜に続く初出場初優勝・春夏連覇はならなかった。
         個人においては74㎏級・北村公平(2年)が優勝。
         60㎏級・田中幸太郎(3年)は惜しくも決勝で敗れ2位。昨年に続く連覇ならず。
(平成20年8月)■全国高校生グレコローマンスタイル選手権大会(大阪)において、
         74㎏級・北村公平(2年)が優勝。
         北村公平は全国選抜、JOC、インターハイ、全グレと4冠達成。
         66㎏級・津田豊史(3年)は3位。
         74㎏級・山原健太(1年)3回戦敗退。84㎏級・原子紫文(3年)準々決勝敗退。
(平成20年8月)■毎日放送「ちちんぷいぷい」に出演。タレントの「たむけん」こと田村憲司さんが来校。
(平成20年9月)■ダウン症児者レスリング教室の第2回東西交流会を、
                          岐阜県・高山市の国立乗鞍青少年自然の家で開催。
(平成20年9月)■北村公平(2年)が全日本高校選抜の韓国遠征に参加。
(平成20年9月)■大分国体においてフリー74㎏級・北村公平(2年)が優勝。
         2年生での五冠(選抜・JOC・インターハイ・全グレ・国体)を達成した。
たむけんと記念撮影(2).jpg「ちちんぷいぷい」たむけん来校(平成20年11月)■北村公平(2年)が韓国高校選抜との日韓交歓親善大会に参加。
(平成20年11月)■全国選抜予選を兼ねた京都府新人大会において団体3位。
          全国選抜近畿ブロック予選に出場ならず。
          個人は北村公平(2年)、山原翔一(2年)の2選手が優勝し、
          池田 智(1年)は2位入賞。
          3選手が1月の全国選抜近畿ブロック予選の出場権を獲得。
(平成20年11月)■京都八幡高校レスリング部が八幡市スポーツ賞・優秀団体賞を受賞。
          田中幸太郎、津田豊史、原子紫文、北村公平が八幡市スポーツ賞・優秀選手賞を受賞
(平成20年11月)■京都八幡高校レスリング部が京都新聞ジュニア・スポーツ賞を受賞。
(平成20年12月)■天皇杯全日本選手権大会に北村公平(2年)が全日本初出場。
DSC_0165.JPG全国選抜・北村公平、池田智(平成21年1月)■田中幸太郎(3年)全日本高校選抜のアメリカ遠征
         (ミシガン州)に参加。
(平成21年1月)■全国選抜近畿ブロック予選において個人74㎏級・北村公平(2年)優勝、
         60㎏級・池田 智(2年)3位、山原翔一(2年)3位で、
         3選手が全国高校選抜大会の出場権を獲得。
(平成21年2月)■オリンピックメダリスト(太田拓弥氏、田南部力氏、井上謙二氏)による
         実技指導を実施。
(平成21年2月)■京都八幡高校レスリング部が京都府スポーツ賞・優秀団体賞を受賞。
         同時に田中幸太郎(3年)と北村公平(2年)が京都府スポーツ賞・優秀選手賞を受賞。
DSC_0163.JPG全国選抜大会・全員集合(平成21年3月)■田中幸太郎、津田豊史、原子紫文、山本勇輝、
         山元一憲が卒業。田中幸太郎は早稲田大、
                          津田豊史は青山学院大、原子紫文は中京学院大、
                          山本勇輝は関西大へ進学。
                          山元一憲は(社)わらしべ会に就職。
(平成21年3月)■第51回全国高校選抜大会・団体優勝の記念モニュメント除幕式を、
         京都八幡高校・同窓の森にて明田 功・八幡市長、大野征次・京都府議会議員など、
         多数の御来賓参加のもと盛大に開催。
(平成21年3月)■第52回全国高校選抜大会の個人戦において、
         74㎏級の北村公平(2年)が優勝し2連覇達成。
         60㎏級の池田 智(1年)が3位入賞。

写真集

※埼玉インターハイの写真については「歩み」の「埼玉インターハイ・初出場3位」コーナーで掲載しています。

P1000754.JPG
P1000755.JPG
P1000756.JPG
豊史.JPG
幸太郎・表彰3.JPG
幸太郎・表彰5.jpg
senaka.jpg
たむけんと記念撮影(1).jpg
P1000706.JPG
健太1.JPG
健太2.JPG
健太3.JPG
健太4.JPG
公平1.JPG
公平2.JPG
公平3.JPG
智1.JPG
智2.JPG
智3.JPG
智4.JPG
翔一1.JPG
翔一2.JPG
翔一3(赤シングレット).JPG
翔輝1.JPG
翔輝4(赤シングレット).JPG
小田垣・京都八幡高校長の挨拶1.JPG
練習風景2.JPG
練習風景4.JPG
練習風景10.JPG
練習風景12.JPG
記念撮影2.JPG
加藤先生の挨拶.JPG
玉川先生と藤元コーチ.JPG
原子紫文と浅井先生1.JPG
根本怜2.JPG
山元一憲と浅井先生3.JPG
懇親1.JPG
懇親2.JPG
山本(母)、勇輝、浅井、藤元.JPG
津田(母)、(父)、豊史、浅井、藤元.JPG
田中幸太郎3.JPG
森垣心3.JPG
谷口慧志3.JPG
小・中・高校生全員集合1.JPG
卒業生一同.JPG
全選手集合.JPG
全員での記念撮影1.JPG
DSC_0034.JPG
DSC_0017.JPG
DSC_0071.JPG
DSC_0089.JPG
DSC_0118.JPG
DSC_0131.JPG
DSC_0133.JPG
DSC_0151.JPG
DSC_0154.JPG
DSC_0159.JPG
DSC_0162.JPG
DSC_0163.JPG
DSC_0166.JPG

新聞記事

1.平成20年(2008年)4月5日 京都新聞 全国選抜大会:晴れやか頂点の笑顔LinkIcon
2.平成20年(2008年)4月9日 京都新聞 全国選抜大会:晴れの全国選抜初出場V報告LinkIcon
3.平成20年(2008年)4月9日 毎日新聞 全国選抜大会:初出場初優勝を報告LinkIcon
4.平成20年(2008年)4月10日 読売新聞 全国選抜大会:近畿勢初優勝を報告LinkIcon
5.平成20年(2008年)4月12日 朝日新聞 全国選抜大会:選抜大会で優勝LinkIcon
6.平成20年(2008年)4月16日 京都新聞 全国選抜大会:指導10年 新しい風吹き込めたLinkIcon
7.平成20年(2008年)4月22日 京都新聞 全国選抜大会:「一貫指導」で公立に光LinkIcon
8.平成20年(2008年)5月26日 京都新聞 インターハイ府予選:激しく意地ぶつけLinkIcon
9.平成20年(2008年)7月19日 京都新聞 インターハイ:京都八幡(レスリング)初優勝狙うLinkIcon
10.平成20年(2008年) 高校生スポーツ(第21号) 埼玉インターハイに挑む:春夏続けて初出場Vだ!LinkIcon
11.平成20年(2008年) 8月3日 京都新聞 インターハイ:春夏制覇あと一歩LinkIcon
12.平成20年(2008年) 8月5日 京都新聞 インターハイ:北村(京都八幡)74㎏級初優勝LinkIcon
13.平成20年(2008年) 8月5日 京都新聞 インターハイ:自分のレスリングで勝てたLinkIcon
14.平成20年(2008年) 9月5日 京都新聞 インターハイ:胸に全国大会のメダルLinkIcon
15.平成20年(2008年) 9月5日 読売新聞 インターハイ:レスリング3位 八幡市長に報告LinkIcon
16.平成20年(2008年) 9月30日 京都新聞 大分国体:北村が「5冠」 攻め貫いて頂点LinkIcon
17.平成20年(2008年) 11月17日 産経新聞 田中幸太郎:3冠王者 今年はけがに泣くLinkIcon
18.平成20年(2008年) 11月19日 京都新聞 大分国体:季節風LinkIcon